さくらい日記

6 2021.12

消防署立ち合いの避難訓練

11月19日(金)に消防士さん立ち合いの元、厨房からの火災を想定しての避難訓練がありました。



延焼拡大を想定して、徳弘公園に避難しました。
消防士さんより、「避難中は、鼻や口を押さえながら、列になり上手に避難できていました。」と褒めていただきました。



園庭に戻って、消防士から消火器の説明などをしてくれました。
子ども達は興味津々な様子で真剣に聞いていました。



子ども達の声援を受けながら、実際に保育者は消火訓練をしました。



年長さんから消防士さんへ「今日は大事なことを教えてくれてありがとうございました。これからもお仕事頑張ってください」とお礼の言葉を伝えました。



 最後は、園庭に消防車が入ってきてくれて、各クラスごとに見学させてもらいました。
普段なかなか間近で見ることのない消防車に目を輝かせて見ていた子ども達でした。
「これはなに?」など子ども達の質問にも丁寧に答えていただきました。ありがとうございました。
火事は、起きない、起こさないのが一番ですが、万が一の場合に備えて避難できるよう、今後も消防士さんの助言をいかしながら、子ども達と一緒に避難訓練を重ねていきたいと思います。